餃子の皮の成分は何?

餃子の皮の成分は炭水化物と脂質、蛋白質であり、主成分は炭水化物です。餃子の皮の原料は小麦粉ですので、小麦粉に含まれる栄養成分の炭水化物を摂取することができます。炭水化物は人が生きていくうえで必要となるエネルギーになり、米や小麦粉に豊富に含まれています。

 

餃子の皮には炭水化物が豊富に含まれていますが、餃子の皮1枚あたりのカロリー量は15kcal程度ですので、大量に食べ過ぎない限り炭水化物の過剰摂取にはなりません。摂取する際の注意点として、小麦粉を原料にしているため、小麦アレルギーのある方は摂取することができません。

 

餃子の皮に含まれている炭水化物は過剰摂取すると太る原因になりますが、炭水化物は脳に必要な成分ですので、不足すると脳の働きが悪くなります。炭水化物にはブドウ糖が含まれており、ブドウ糖の働きで頭脳が活性化されます。

 

よって、頭脳労働者や受験生など頭脳を酷使する方は、炭水化物を摂取することが必要です。炭水化物に含まれているブドウ糖は、体内での量が増えると糖尿病の原因になります。そのため、炭水化物を過剰摂取すると糖尿病になる恐れがありますので、過剰摂取しないように注意します。

 

ウォーキングなどの有酸素運動をするとブドウ糖が消費されるため、ダイエットや糖尿病の予防に繋がります。

 

 

 

お弁当で皮の固くなった餃子を美味しくする方法

お弁当などで皮の固くなった餃子を美味しくするには、魚などを焼く時に使うグリル上で温めるという方法があります。

 

皮の固くなった餃子が入っているお弁当を温める方法としては、電子レンジを使うという方法がまず考えられます。しかし、電子レンジを使った場合には、餃子の皮が柔らかくなりませんし、油分がお弁当の中のご飯や他の具材に混じってしまって、弁当自体がまずくなってしまうことがよくあります。

 

これに対して、魚などを焼く時に使うグリル上で温めるという方法は、美味しく食べることができるわけです。ただ、この方法を用いる場合には、強火や中火で温めてはいけません。そうではなくて、弱火で時間をかけて温めていくのがコツだと言えるでしょう。

 

また、この方法をマスターしてしまえば、これはお弁当に入っている餃子だけではなく、スーパーマーケットなどで売られているお惣菜に活用することもできます。

 

特に、スーパーマーケットの閉店間際などに、半額で売られているお惣菜などを買ってきて、この方法でお惣菜を温めるようにすれば、非常に経済的に美味しい料理を楽しむことができると言えるのではないでしょうか。

 

餃子だけではなくて、焼き鳥でも焼きイモでも活用できる方法です。

 

 

 

餃子の皮はスープに使える?

餃子を作った場合、皮だけが残ってしまうことがあり、スープなどに使用できないか考えることがありますね。

 

餃子の皮は小麦粉でできているため、スープに利用することができます。下茹でなども必要がなく、中華味やコンソメ味のスープにそのまま入れることができ、つるっとした食感を味わうことができます。

 

餃子の皮を利用する場合、そのままの形であると存在感が強くなり、スープの味も変わってきてしまうため、細く切ったり、扇形にしたりして使用します。中華味が最も合いやすく、キャベツやニンジンの千切り、ねぎといった野菜を多く入れると健康にも美容にも良くなります。

 

ワンタンのような感じになるため、食欲がない時にも食べることができます。また、皮を細く切るなどそのまま入れても良いですが、時間がある時は、豚ひき肉としょうがのすりおろし、ネギのみじん切りで包み、小さな餃子を作って汁物に入れても良いでしょう。

 

しょうがを入れると身体も温まるので、冷え性を改善することもできます。コンソメなど洋風にする場合は、トマトなどを入れるとさっぱりと食べることができます。

 

スープが沸騰してから餃子の皮を入れると、小麦粉の独特なにおいや食感を抑えることができ、美味しく食べることができます。

 

 

 

手作りするとくっつくのを防ぐ方法は?

張り切って餃子の皮から手作りすると、作ったそばからくっつくということがありますが、片栗粉を使用することである程度防ぐことができるようになります。小麦粉を使ってくっつくのを予防することもありますが、時間がたつと馴染んできてしまい、やはりくっついてしまいます。

 

片栗粉を出来上がった皮にまんべんなくつけて、できるだけ重ねないように仕上げていきます。どうしてもスペースがない場合は、スペースいっぱいに広げてから最初に作った方から重ねるようにしましょう。

 

餃子の作り方の手順としては、皮を全て作ってから包む作業に入りたいところですが、そうしているうちに最初に作ったものが緩くなってきます。これを解消する方法として、皮を数枚作ってから包む、また数枚作って包む、という順番で少しづつ作っていくのがおすすめです。

 

出来上がった手作り餃子も、片栗粉を敷いたお皿やバットなどに置いておくとべたつきません。餃子同士がくっつくこともあるので、間を空けて保管しましょう。

 

焼くまで冷蔵庫に置いておくこともくっつき防止になりますし、冷凍すれば好きなときに焼くだけでおいしい手作り餃子が楽しめます。一人で作業せずに、2人以上で作ると作業もはかどります。

 

 

 

関連サイトについて

餃子の皮にまつわる様々な話をしていきました。食べ物を美味しく食べるというのは良いものですね。

 

太りたいときに、美味しい食べ物なら箸も進みます。一方で、太りたいなら食べ物以外の知識を持っていることも重要です。

 

ここでは、太りたい方に役立つサイトを紹介します。